リモートデスクトップ接続を使用してWindows Serverに接続する(Mac編)

リモートデスクトップ接続を使用してWindows Serverに接続する(Mac編)

※Macでのリモートデスクトップ接続方法です。 Windows7編はこちら
  1. アプリケーションをインストールします

    下記URL又はAppStoreで「microsoft remote desktop」と検索し、インストールして下さい。Microsoft Remote Desktop https://itunes.apple.com/jp/app/microsoft-remote-desktop/id715768417?mt=12
  2. インストールしたアプリケーションを起動します

  3. 起動すると下記のような画面が表示されますので、左上の「+」をクリックします

  4. 下記のように設定します

    Connection name : わかり易い名前を好きに入力 PC name : IPアドレス Gateway : No gatway configured (デフォルトのまま)User name : (Windowsログイン名) Password : (Windowsログインパスワード)Resolution : 好きなサイズを指定(ウィンドウの大きさ) Colors : True Color(24bit) (デフォルトのまま) Full screen mode : OS X native Start session in full screen : チェックを外す(フルスクリーン表示の無効化) ※入力が完了したら左上の「×」をクリックして閉じます(閉じれば保存されます)  
  5. リモート接続します。

    先程登録した情報が一覧に表示されるので、その行をダブルクリックするか、選択した状態で左上の「Start」をクリックします。
  6. 証明書の警告が表示された場合、「Continue」をクリックして続行します。

  7. 無事、リモートデスクトップ接続が完了します。

    もし、エラーが出た場合にはIPアドレスやユーザ名、パスワードの設定を見直してみて下さい。
  • エスエスアイ・ラボはISMSを取得しています。
  • エスエスアイ・ラボはVMwareの認定パートナー企業です。

Copyright © 2011 SSI Laboratory Inc. All Rights Reserved.