アーカイブを追加・展開

SSI Ultra Cloud RS Plesk12マニュアル

アーカイブを追加

アーカイブを追加(ファイルを圧縮)することで、
ファイルサイズを小さくすることができ、ディスクをより多く使用することができます。
それに、複数のファイルを共有する場合など、圧縮してひとつにまとめると作業効率が上がります。

こちらではファイルの圧縮と、圧縮ファイルを展開する方法をご紹介いたします。

 

ユーザ名とパスワードを入力して[ログイン]をクリック

ログインするとコントロールパネルが表示されます。

画像1
“ユーザ名とパスワードを入力して[ログイン]をクリック”

↓コントロールパネル

画像2
“ユーザ名とパスワードを入力して[ログイン]をクリック”
 

コントロールパネルから[ファイルマネージャ]をクリック

画像3
“コントロールパネルから[ファイルマネージャ]をクリック”
 

対象のファイルにチェックをして[アーカイブに追加]をクリック

画像4
“対象のファイルにチェックをして[アーカイブに追加]をクリック”
 

アーカイブ名を入力して[OK]

画像5
“アーカイブ名を入力して[OK]”
 

完了

完了すると、「情報:<アーカイブ名>が正常に作成されました。」と表示されます。
下図で、既存のファイルとは別に圧縮されたファイルが追加されているのが分かります。

画像6
“完了”
 

ファイルの展開(圧縮前のファイルが存在する場合)

 

ユーザ名とパスワードを入力して[ログイン]をクリック

ログインするとコントロールパネルが表示されます。

画像1
“ユーザ名とパスワードを入力して[ログイン]をクリック”

↓コントロールパネル

画像2
“ユーザ名とパスワードを入力して[ログイン]をクリック”
 

コントロールパネルから[ファイルマネージャ]をクリック

画像3
“コントロールパネルから[ファイルマネージャ]をクリック”
 

対象のアーカイブにチェックをして[ファイルの展開]をクリック

画像7
“対象のアーカイブにチェックをして[ファイルの展開]をクリック”
 

内容を確認して[OK]をクリック

圧縮前のファイルが存在する場合は「既存ファイルを置換」にチェックをします。
※既存のファイルが無い場合については後ほど説明します。

画像8
“内容を確認して[OK]をクリック”
 

完了

完了すると、「情報:選択したアーカイブからファイルが正常に抽出されました。」と表示されます。
既存のファイルに上書きして展開されました。

画像9
“完了”
 

ファイルの展開(圧縮前のファイルが存在しない場合)

 

対象のアーカイブにチェックをして[ファイルの展開]をクリック

画像10
“対象のアーカイブにチェックをして[ファイルの展開]をクリック”
 

内容を確認して[OK]をクリック

画像11
“内容を確認して[OK]をクリック”
 

完了

完了すると、「情報:選択したアーカイブからファイルが正常に抽出されました。」と表示されます。
圧縮前のファイルが存在しないので新しく展開されます。

画像12
“完了”
 
  • Facebookのロゴ
  • Twitterのロゴ

Copyright © 2011 SSI Laboratory Inc. All Rights Reserved.