クォータ(割り当て量)

まるごとQNAPマニュアル

クォータ(割り当て量)

ディスク容量を効果的に配分するため、各ユーザが使用できる割当量を指定できます。
この機能が有効化されているときに、あるユーザーがディスク割当量に達する場合、そのユーザーはそれ以上データをサーバーにアップロードできません。
デフォルトでは、ユーザーに対して制限が設定されていません。

 

共有フォルダの作成

コントロール・パネル>特権設定>クォータ へ移動します。

画像1
コントロール・パネル>特権設定>クォータ へ移動します。
画像2
コントロール・パネル>特権設定>クォータ

「全ユーザーを対象とするクォータを有効にする」にチェックを入れ、ディスクのクォータサイズを決定します。
※ここで設定した値が一旦各ユーザーに割り当てられます。

画像3
「全ユーザーを対象とするクォータを有効にする」にチェックを入れ、ディスクのクォータサイズを決定します。

[すべてに適用]をクリック。

画像4
[すべてに適用]をクリック。

クォータからユーザーに画面を移動し、クォータを個別に設定したいユーザーの[アカウントプロファイルの編集]を開きます。

画像5
クォータからユーザーに画面を移動し、クォータを個別に設定したいユーザーの[アカウントプロファイルの編集]を開きます。

ユーザーのクォータを設定するにてユーザー毎に設定したい容量を入力します。
※そのユーザーのクォータ設定を解除したい場合は「制限なし」を選択します。
以上で完了です。

画像6
ユーザーのクォータを設定するにてユーザー毎に設定したい容量を入力します。※そのユーザーのクォータ設定を解除したい場合は「制限なし」を選択します。
  • エスエスアイ・ラボはISMSを取得しています。
  • エスエスアイ・ラボはVMwareの認定パートナー企業です。

Copyright © 2011 SSI Laboratory Inc. All Rights Reserved.