ネットワークごみ箱を使う

まるごとQNAPマニュアル

ネットワークごみ箱

ネットワークごみ箱を有効化すると対象のフォルダに@Recycleという名前のネットワークごみ箱専用フォルダが作成され、削除したファイルは完全には削除されずにこの@Recycleへ保存されます。
このマニュアルでは、ネットワークごみ箱の有効化と設定方法、削除と回復(復元)方法についてご紹介します。

 

ネットワークごみ箱の有効化

[ネットワークごみ箱]をクリックして設定画面を開きます。

画像1
コントロールパネル>ネットワークサービス>ネットワークごみ箱

“ネットワークごみ箱を有効化する”にチェックを入れます。

削除したファイルを保存する日数(1~180)と毎日のチェック時間を指定すると、削除されたファイルが古い方から順番に削除されます。 また、ごみ箱から除外するファイルの拡張子を指定することもできます。この機能はSamba、AFP、FTPおよびまるごとQNAP File Stationを通したファイル削除のみをサポートします。

入力が完了したら[適用]をクリックしてください。

画像2
ネットワークごみ箱の有効化

以上でネットワークごみ箱が利用できるようになりました。

では次に削除や復元方法についてご紹介します。

 

ごみ箱のファイルをすべて削除する

先程有効化したネットワークごみ箱の設定画面(コントロールパネル>ネットワークサービス>ネットワークゴミ箱)で[すべてのネットワークごみ箱を空にする]をクリックします。

画像3
[すべてのネットワークごみ箱を空にする]をクリック

[OK]をクリック

画像4
[OK]をクリック

[適用ボタン]の横に「変更が適用されました。」と表示されれば完了です。

画像5
[適用ボタン]の横に「変更が適用されました。」と表示されれば完了です。
 

ネットワークごみ箱にある削除したファイルを回復(復元)する

復元させたいファイル・フォルダまで移動します。
トップページ>File Station>対象のファイル・フォルダが所属する@Recycleフォルダ

画像6
トップページ>File Station
画像7
File Station>対象のファイル・フォルダが所属する@Recycleフォルダ

@Recycleフォルダにあるファイルを右クリックして、「回復」を選択します。

画像8
トップページ>File Station

[はい]をクリック

画像9
[はい]をクリック
 

ネットワークごみ箱にあるファイルを永久に削除する

@Recycleフォルダにあるファイルを右クリックして、「ごみ箱を空にする」を選択します。

画像10
@Recycleフォルダにあるファイルを右クリックして、「ごみ箱を空にする」を選択します。

[OK]をクリック

画像11
[OK]をクリック
 

それぞれの共有フォルダのごみ箱を空にする

ごみ箱の中で右クリックして、「ごみ箱を空にする」を選択します。

画像12
ごみ箱の中で右クリックして、「ごみ箱を空にする」を選択します。
  • Facebookのロゴ
  • Twitterのロゴ

Copyright © 2011 SSI Laboratory Inc. All Rights Reserved.