こんにちは!
引き続き新人石塚が投稿させていただいております(^^)

では今回の内容は「ゲストOSのインストール ーdebian6編ー」です!!
今日もいきまっしょう☆!

 

データストアの任意の場所にISOという名前のフォルダを作成します。

1

作成したISOフォルダを選択しLinuxのISOファイルをアップロードします。

アイテムのアップロードウィンドウが表示されるので、ローカルのコンピュータに用意したインストールイメージを選択し[開始]をクリックするとアップロードが開始されます。

2

下記がアップロードウィンドウです。

3

以上でアップロード完了です。

 

作成した仮想マシンのパワーをONにします。

該当するマシンにカーソルを合わせ右クリック→電源→パワーオンの順で起動させます。
  • 起動したいマシンをクリックしを押下でパワーオンにすることもできます。
  • 仮想マシンの作成に関しては【新規ゲストOS作成】を参照してください。
4

CD/DVDドライブ1にデータストア上のISOイメージをマウントします。

該当する仮想マシンを選択しをクリックします。[CD/DVDドライブ1]が表示されるのでカーソルを合わせると、 [データストア上のISOイメージに接続…]表示されるのでクリックします。

5

インストール先のディスクを選択し、開くをクリックします。

6

先ほど作成した[ISOフォルダ]をクリックします。

7

最初にアップロードしたディスクイメージを選択し[OK]をクリックします。

(下図ではXPのイメージを選択していますが、debianのイメージを選んでください。)

8

コンソールタブを選択しOSをインストールします。

該当する仮想マシンを選択しタブのコンソールをクリックします。
コンソールの画面をクリックするとコンソール内の操作ができるようになります。
*Vpshere Clientの操作に戻るときは[alt]+[Control]でコンソールから解除されます。
何らかのキーを押下すると、マウントしたISOイメージからセットアップが開始されます。数秒待ちます。

9

今回はGUIでのインストールの説明をします。
【Graphical Install】を選択し、Enterを押す。

10

言語を【Japanese】を選択し【Continue】。

11

場所は【日本】選択。

12

【日本】を選択

13

インストールが開始されます。

14

自動的にイーサカードを認識できませんので【イーサネットカードなし】を選択

15

【続ける】を押す

16

ホスト名はデフォルトのまま、【続ける】をクリック。

17

rootのパスワードを設定。

18

空欄のまま【続ける】。

19

userと入れて【続ける】。(このユーザは後で削除します)

20

ユーザのパスワードを入力して【続ける】。

 

【ディスク全体を使う】を選択して【続ける】。

21

【続ける】。

22

【すべてのファイルを1つのパーティションに】を選ぶ。

23

【パーティショニングの終了とディスクへの変更の書き込み】。

24

【はい】にチェック。

25

26

【いいえ】。

27

【いいえ】。

28

29

【いいえ】。

30

【標準システムユーティリティ】以外のチェックは外す。

31

32

【はい】にチェック。

33



【続ける】。

35

再起動がかかり、debianが立ち上がります。

36
ネットワークの疎通の確認。

ログインID:root
PW:設定したPW

37

言語設定を変更する
LANG=C

 

VMWareToolsのイメージをマウント・解凍までやっておく

仮想マシン→ゲスト→VMware Tools インストールのインストール/アップデート
mount /dev/cdrom /mnt
tar zxvf /mnt/V
umount /dev/cdrom
仮想マシン→ゲスト→VMware Tools インストールの終了

 

VMWareToolsが必要とするコンパイラをインストール

aptitude install linux-headers-`uname -r`

[Y/n/?]と聞かれるので[enter]

38

しばらく待つと、インストールディスクを求めるメッセージが出るので
cdromにISOマウント。enter押す

39

cdをアンマウントする。

 

VMWareToolsをインストールする

./v/v
全ての回答に[enter]押す
(CDを要求されたら、インストールイメージをマウントして[ENTER])

 

nicを認識させる

ifconfig eth0 up

 

IPアドレスの設定

vi /etc/network/interfaces
o(小文字のoを打つと改行して1行だけ書けるようになる。1行書いたらescを押す)
# The primary network interface
auto eth0
iface eth0 inet static
address 192.168.0.2
netmask 255.255.255.0
gateway 192.168.0.1
dns-nameservers 192.168.0.1
esc :wq!と打ってセーブ

 

ネットワークを再起動

/etc/init.d/networking restart
IPでpingが通るようになる。

 

resolv.confを作成

touch /etc/resolv.conf

 

resolv.confを編集

vi /etc/resolv.conf
nameserver 8.8.8.8
ドメインでpingが通るようになる

 

ソフトウェアをダウンロードできるサイトのリストの更新

apt-get update [ Enter ]

 

ソフトウェアの更新

apt-get upgrade [ Enter ]
最初に[Y/n/?]と聞いてくるので、[enter]押す

40

 

ユーザの削除

userdel -r [インストール時に作成したuser名]
/* 以下は設定の必要ないです。参考までに */
日本語(ロケールを日本語にする必要なし!)
LANG=C

aptitude install jfbterm
apt-get install jfbterm
cdromにISOマウント。enter押す

echo vga16fb » /etc/modules
LANG=ja_JP.UTF-8
reboot
jfbterm(起動する度に必要)

apt-get -y install jfbterm
echo vga16fb » /etc/modules
(echo vga16fb; echo fbcon) » /etc/modules
jfbterm(起動する度に必要) カーネルヘッダーがないと言ってくるのでインストール
カーネルのバージョンを確認
uname -a
aptitude install linux-headers-{上記で確認したカーネル}
(2.6.32-5-amd64)

 

 

以上で終了です。お疲れ様でした!!

次回は「エクスポートとデプロイ方法」について投稿します!☆

Comments are closed.

  • Facebookのロゴ
  • Twitterのロゴ

Copyright © 2011 SSI Laboratory Inc. All Rights Reserved.