新しい(もしくは古い)RAIDカードを使うときや、新しいバージョンのESXiをインストールした時などに、RAIDカードのドライバが適応しない時がありますね。
そのような時にドライバをインストールする方法についてのメモ。
 
これはESXiがすでにインストールされている状態からのドライバインストール手順になります。
 

1. RAIDコントローラと内部ディスクを物理的に接続する。

2. RAIDドライバの用意

①adaptecの場合、最新のドライバはhttps://storage.microsemi.com/ja-jp/downloads/からダウンロードする
②Avago(旧:LSI)の場合、最新のドライバはwww.avagotech.com からダウンロードする

3. 最新ドライバをインストールする前に既存のドライバを消去する。

以下コマンドはadaptec社製のRAIDカードの時の一例です。
:esxcli software vib list | grep -i aacraid
:esxcli software vib remove –vibname=scsi-aacraid –maintenance-mode

4. ESXiサーバー内にRAIDドライバを転送

①VMware vSphere Clientを使ったデータストアへのアップロード

アップロード先のストレージにRAIDドライバのファイルを転送する。

es-1

②RAIDドライバをアップロードするフォルダを作成し、ファイルをアップロードする

es-2

5. VIBモジュールをインストールする。 

esxcli software vib install -f -v file:[保存したディレクトリ名]/[保存したドライバファイル]

6. インストールの確認

①実行後、下図のようなメッセージがでればインストール完了。

es-3

②ESXiを再起動させる。
: reboot



 

ストレージの追加




1. vSphereでホストを選択。

①【構成】タブ→【ハードウェア】→【ストレージ】を選択。
右上の【ストレージの追加】をクリックする。

es-4

②ストレージタイプに【ディスク/LUN】を選択して【次へ】。

es-5

③追加したいドライブを選択して【次へ】。

es-6

④VMFS-5を選択して【次へ】。

es-7

⑤内容を確認して【次へ】。

es-8

⑥データストア名入力して【次へ】。



⑦【使用可能な最大領域】を選択して【次へ】。

es-10

 

さあこれでストレージが使えるようになったでしょうか。
それではまた。

Comments are closed.

  • エスエスアイ・ラボはISMSを取得しています。
  • エスエスアイ・ラボはVMwareの認定パートナー企業です。

Copyright © 2011 SSI Laboratory Inc. All Rights Reserved.