今回はESXiの超基本的な設定についてのメモ。

 

1.ESXiをインストール後、ストレージを認識させる。

ホストを選択し、【構成】タブをクリック→ハードウェアの選択から【ストレージ】クリックしてデータストアの一覧を表示させる。

1

①ホストを選択し、【構成】タブをクリック→ハードウェアの選択から【ストレージ】クリックしてデータストアの一覧を表示させる。

2

②右クリック→【データストアの参照】を選択する。

3

③データストアブラウザが表示されるので、ディレクトリを作成し、(ディレクトリ名の例:update)

【ファイルのアップロード】から保存したパッチファイルを選択してデータストアに保存する。

4

2.パッチを当ててバージョンUPを行う

①ホストを選択して、構成タブをクリック、ソフトウェアの中から【セキュリティプロファイル】を選択→サービスのプロパティをクリックする。

5

②サービスプロパティが立ち上がるので、【SSH】を選択→【オプション】をクリックする。

6

③【手動で開始および停止】、サービスコマンドで【開始】をクリックし、SSHを有効化する。

7

④【サマリ】タブをクリックし、【メンテナンスモードへの切り替え】でメンテナンスモードに切り替える。

⑤SSHでホストに接続する

⑥以下のコマンドを実行してバッチファイルを適用させる。
esxcli software vib install -d /vmfs/volumes/データストア名/データストアに作成したディレクトリ/ファイル名.zip

実行後、以下のようなメッセージが表示されればパッチの適用が完了している。
9

ホストをリブートする

⑦メンテナンスモードを解除し、SSHを無効にする。

3.ネットワークの設定

①【構成】→【ネットワーク】→【ネットワークの追加】を選択する。ネットワークの追加ウィザードが立ち上がるのでパラメータを入力していく。

10

② 接続タイプ:仮想マシン

ネットワークアクセス:vSphere標準スイッチの作成
接続設定: ネットワークラベル:(例)SSI Local
VLAN ID:なし
サマリ:確認して【終了】

11
12
13
14

設定したネットワークが追加される

15

④グローバルネットワークのプロパティをクリック

22

⑤VM Networkを選択し【編集】をクリック。

23

⑥ネットワークラベルを適当な名前に変更して【OK】をクリック。

24

ライセンスキーの入力

①【構成】タブ→【ライセンス機能】→【編集】をクリック

25

②【このホストに新規のライセンスキーを割り当てる】にチェック

26

③【新規ライセンスキー】にライセンスキーを入力する。

27

4.NTPサーバに時間を同期させる

①【構成】タブ→【時間の構成】→【プロパティ】の順にクリックする。

28

②【時間の構成】ウィンドが立ち上がってくるので、【オプション】をクリックし、【NTPデーモン】の【NTP設定】→【追加】をクリックする。

30

31

③NTPサーバの追加のウィンドにアドレスにntpサーバーのアドレスを入力して、【OK】をクリックする。

32

④【変更を適用するにはNTPサービスを再開】のチェックボックスにチェックを入れ、【OK】をクリックする。

33

⑤【ホストに連動して開始および停止】にチェックを入れる。

34

⑥【OK】をクリックし【時間の構成】ウィンドを閉じる。最後に【更新】をクリックして反映させて終了させる。

35

DNS設定

①【構成】タブ→【DNSおよびルーティング】→【プロパティ】をクリックする。

36

②【DNSおよびルーティング構成】ウィンドの【ホスト識別】の名前、ドメインに設定内容を入力する。

名前:物理サーバに名前を設定
ドメイン:ドメインを設定

37

 

今回はあまり役に立ちそうな内容はなかったですね。
それではまた。

Comments are closed.

  • Facebookのロゴ
  • Twitterのロゴ

Copyright © 2011 SSI Laboratory Inc. All Rights Reserved.