最新のESXi6.5では外部からホストサーバーへ接続を制限していない場合に、ログインアタックを受けてrootでログインできなくなってしまうことがあります。
これは、指定回数のログイン失敗が発生するとアカウントを一時的にロックするという機能がデフォルトで有効となっている為です。
今回は、ロック機能の解除方法をお伝えしたいと思います。

まず、ESXiホストへブラウザでログイン後、「管理」→「システム」→「詳細設定」と遷移して下さい。



この詳細設定では様々な項目があるのですが、今回はその中の「Security.AccountLockFailures」を変更します。 検索窓に「account」と入力すると見つけやすいです。



「Security.AccountLockFailures」を選択した状態で「オプションの編集」をクリックし、新しい値に「0」と入力し保存するとロック機能を無効にできます。

Comments are closed.

  • エスエスアイ・ラボはISMSを取得しています。
  • エスエスアイ・ラボはVMwareの認定パートナー企業です。

Copyright © 2011 SSI Laboratory Inc. All Rights Reserved.