メールエイリアス作成・削除

SSI Ultra Cloud RS Plesk12マニュアル

メールエイリアスの作成

ひとつのメールアカウントで、複数のメールアドレスを使うことができます。
メールエイリアスについて: 例えば自分の名前を含むメールアドレス(namae@hoge.com)を持っていたとします。 業務のためにsupport@で始まるメールアドレスを別に使いたくなった場合、名前を含むメールアドレスのメールエイリアスとしてsupport@hoge.comを設定し、両方のアドレスを使うことができるようになります。 ただしこれは、pleskで管理しているメールアドレスである必要があり、メールエイリアスも同じドメイン(今回の例の場合@hoge.com)のメールアドレスになります。 また、受信するメールボックスはnamae@もsupport@も同じものとなり、振り分けはメーラーの機能に頼ることになります。 送信はnamae@、support@双方から可能となります。 メールエイリアスを使用したほうがいいか、(メールエイリアスではない)2つのメールアドレスを併用したほうがいいか、転送機能を使ったほうがいいかは利用方法によって異なるといえます。

 

ユーザ名とパスワードを入力して[ログイン]をクリック

ログインするとコントロールパネルが表示されます。

画像1
“ユーザ名とパスワードを入力して[ログイン]をクリック”

↓コントロールパネル

画像2
“ユーザ名とパスワードを入力して[ログイン]をクリック”
 

コントロールパネルから[メールアドレス]をクリック

画像2
“コントロールパネルから[メールアドレス]をクリック”
 

設定したいメールアカウントのリンクをクリック

画像3
“設定したいメールアカウントのリンクをクリック”
 

メールエイリアスタブを開いて各設定

・アドレスを入力したら→[OK]
・追加する場合は[メールエイリアスを追加]をクリック

画像4
“メールエイリアスタブを開いて各設定”

・追加アドレスを入力したら→[OK]

画像5
“アドレスの追加”
 

設定完了

成功すると、「情報:メールアドレス ***@*****.*** の設定が保存されました」と表示されます。

画像6
“作成完了”
 

メールエイリアスの削除

 

メールエイリアスタブから[削除]をクリック

追加分の削除が出来ます。

画像7
“[削除]をクリック”
 

1つ目のアドレスを直接deleteキーで消して[OK]をクリック

画像8
“1つ目のアドレスを直接deleteキーで消して[OK]をクリック”
 

メールエイリアスの削除完了

完了すると、「情報:メールアドレス ***@*****.*** の設定が保存されました」と表示されます。

画像9
“削除完了”
 
  • エスエスアイ・ラボはISMSを取得しています。
  • エスエスアイ・ラボはVMwareの認定パートナー企業です。

Copyright © 2011 SSI Laboratory Inc. All Rights Reserved.