zipアーカイブに圧縮したフォルダのアップロード

SSI Ultra Cloud RS Plesk12マニュアル

ファイルマネージャにて複数のファイルをアップロードすることは可能ですが、
フォルダのアップロードをする時は、事前に対象のファイルを1つのzipアーカイブに圧縮しておく必要があります。

そのzipアーカイブをファイルマネージャにてアップロードし、ファイル展開機能を使用することでフォルダのアップロードが可能になります。(現時点でサポートされているアーカイブ形式は zip のみです。)

上記の工程を、Windows7で圧縮し、アップロード、展開する手順をご紹介いたします。

 

zipアーカイブに圧縮

 

[スタート]→[ドキュメント]の順でクリック

ここでは例として、「ドキュメント」フォルダ内のファイルを圧縮します。

画像1
“[スタート]→[ドキュメント]の順でクリック”
 

圧縮するファイルやフォルダを右クリック→[送る]→[圧縮(zip形式)フォルダー]の順にクリック

※例として「testfolder」フォルダを圧縮します。

画像2
“圧縮するファイルやフォルダを右クリック→[送る]→[圧縮(zip形式)フォルダー]の順にクリック”

※今回例として圧縮する「testfile」には5つのファイルが存在しています。

画像3
“圧今回例として圧縮する「testfile」には5つのファイルが存在しています。”
 

zip圧縮ファイルが作成されました

※圧縮ファイル名は「test_archive」に変更しました。

画像4
“圧縮するファイルが作成されました”

以上が、フォルダのアップロードをする時、「事前に対象のファイルを1つのzipアーカイブに圧縮しておく」という準備になります。

以下は、実際に圧縮ファイルをアップロードし、展開する手順についてご紹介していきます。

 

アップロード

 

ユーザ名とパスワードを入力して[ログイン]をクリック

ログインするとコントロールパネルが表示されます。

画像5
“ユーザ名とパスワードを入力して[ログイン]をクリック”

↓コントロールパネル

画像6
“ユーザ名とパスワードを入力して[ログイン]をクリック”
 

コントロールパネルから[ファイルマネージャ]をクリック

画像7
“コントロールパネルから[ファイルマネージャ]をクリック”
 

対象のディレクトリに移動し[アップロード]をクリック

画像8
“対象のディレクトリに移動し[アップロード]をクリック”
 

対象のファイルやフォルダを選択→[開く]をクリック

画像9
“対象のファイルやフォルダを[アップロード]をクリック”
 

対象のファイルやフォルダを選択→[開く]をクリック

画像10
“対象のファイルやフォルダを[アップロード]をクリック”
 

アップロード完了

完了すると、「◯件のファイルが<対象ディレクトリ>にアップロードされました。」と表示されます。

画像11
“アップロード完了”
 

アーカイブ(圧縮ファイル)の展開

 

対象のアーカイブをクリック

画像12
“対象のアーカイブをクリック”
 

ファイルを展開→[OK]をクリック

画像13
“ファイルを展開→[OK]をクリック”
 

展開完了

完了すると、「選択したアーカイブからファイルが正常に抽出されました。」と表示されます。
展開されたフォルダ名はwindowsで圧縮したファイル名になっています。

画像14
“完了”

アーカイブ名をクリックして中身を確認すると、windowsで圧縮したファイルが全てアップロードされていることが確認できます。

画像15
“完了”
 
  • Facebookのロゴ
  • Twitterのロゴ

Copyright © 2011 SSI Laboratory Inc. All Rights Reserved.