リモートデスクトップ接続を使用してWindows Serverに接続する(Windows7編)

リモートデスクトップ接続を使用してWindows Serverに接続する(Windows7編)

※windows7でのリモートデスクトップ接続方法です。Mac編はこちら

①スタートをクリックします。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-07-11-46-10

②リモートデスクトップ接続をクリックします。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-07-11-46-40 

③【コンピューター(C):】に接続先のIP またはドメイン名を入力し、【接続】をクリックします。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-07-11-48-25

④ユーザ名/パスワードを入力し、【OK】をクリック。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-07-11-52-08 以上でリモートデスクトップ接続完了です。     

リモートデスクトップにファイルを転送する

リモートデスクトップへのファイル転送は、いったん接続元のPC(ローカルPC)にファイルをダウンロードした後、接続先PC(リモートデスクトップ)の画面上にコピー&ペーストします。 

①接続元のPCにファルを用意します。

接続元のPCのWEBブラウザなどから、必要なファイルをダウンロードします。 

②接続元PCにあるファイルを右クリックし、コピーします。

rmd01-02

③接続先PC(リモートデスクトップ)の画面を右クリックし、「貼り付け(P)」を押します。

rmd02-03

④接続先PC(リモートデスクトップ)にファイルが転送されました。

rmd03-02 なお送信元PCのバージョンによって、ファイル転送の上限が異なります。
送信元バージョン転送ファイルサイズの上限
Windows7/Server2008R2以前2GB未満
Windows8/Server2012以降4GB未満
  • Facebookのロゴ
  • Twitterのロゴ

Copyright © 2011 SSI Laboratory Inc. All Rights Reserved.