在宅勤務に必須のインターネット。もし、突然つながらなくなったらどうしよう?
そんな不安ありませんか?
今回のブログは、在宅勤務中の BIM担当 松岡(今回BIMの話題は一切出ません)の実体験をもとに、困ったときどうすればいいかをシェアできればと思います。

自宅のインターネット環境

在宅勤務を快適にするためには、高速なインターネット回線は必須といっても過言ではありません。私の自宅は、フレッツ光のマンションタイプ(VDSL方式)でインターネットを引いています。最大100Mbpsの速度が出るような回線ですが、70~80Mbpsは常時計測します。この回線なら、家族がAmazonプライムビデオを見ていても、テレビ会議でストレスを感じることはありません。
実は2カ月ほど前にWiFiルーターを買い替え、自宅内のネットワークはよくなっていました。しかし、トラブルは突然に。。。

障害のほとんどは人災

妻が部屋を掃除していたところ、昔、お土産でもらったWindows8の古いタブレットを見つけてきました。

妻:「これで、動画見たいから設定して」
私:「ええよ。」
私:「・・・」
私:「ん?んんっん?なんで、WiFi見つからんのやろ?とりあえず、ルーター再起動。ポチっ!」

おそらく、これがトリガーとなり、ネットワークが不安定に。今回の場合、確認しているだけでこんな症状がありました。

  • WiFi接続が切断と接続を繰り返す(特に仕事用のSurface)
  • 接続しても、超低速(5Mbpsほど)
  • 24時間に一度、ルーターが再起動を繰り返す

はっきり言って仕事になりません。直してくれる人もいません。でも、何とかしないといけません。
こんな時は応急処置として試してみてください。

1.端末の再起動

再起動中のアイコン

接続しない場合は、一度PCやスマホなどを再起動してみてください。だいたい、これで直ることがほとんどです。それでも直らない場合は次の手順です。

2.ネットワーク機器の再起動

回線の終端装置

少し、レベルが上がります。ルーターと終端装置の再起動をしてください。終端装置とは、NTTなどの回線会社から借りてる機器のことです。電話線の近くなどに設置してあります。(ルーターと一体型もあるのでそのあたりは、各ご家庭の状況をご確認ください)
これで直らなければ、何かしらの設定をしないといけないことがほとんどです。難易度が急に上がります。できる方は、メーカや回線会社に問い合わせをしてみてください。でも、すぐには復旧できません。そんな場合は奥の手です。

3.スタバに駆け込む

スターバックスの店先

少し、ネタっぽいですが、今の時代、カフェに行けばネットワークがつながります。カフェでなくとも公衆無線LANを利用できる施設はあるので、会社の責任者が許せばそちらで作業するのもありです。もしくは、スマホのテザリング機能が使えれば、一時的な代替になります。とりあえず、これでしのぎましょう。

まとめ

こんなトラブルないに越したことはないのですが、こちらが思ってないときに発生するのが障害です。会社であれば、できる方に依頼して復旧を待つということになると思いますが、在宅勤務となるとそうもいきません。家主が対応しないといけないことになります。
日ごろ、ネットワークが安定して動いているのは誰かの「おかげ」ということを改めて認識します。(インターネットとサーバーを安定して運用する仕事をしてます)
この記事が、お困りの方に少しでもお役に立てることを願いながら終わりとします。

たとえ、まだ自宅のネットワークを直せていなかったとしても。。。(きっとBaffal○のルーターのせいだ。ボソッ)

この記事が気に入ったら
いいね ! してください

Twitter で

Comments are closed.

  • Facebookのロゴ
  • Twitterのロゴ

Copyright © 2011 SSI Laboratory Inc. All Rights Reserved.