こんにちは!

先日弊社で使用しているThunderbolt Displayのケーブルを交換しました!
なかなかマニュアルが見つからなかったので、その時の交換手順を今回ご紹介しようと思います。

Thunderbolt Displayのケーブルがこのようになってしまいました・・・。
2
そんな時!!
修理に出さなくても、モニターを解体すればケーブルを交換することが出来るんです!!
 

まずは、交換するための新しいケーブルを購入しました。
2


では実際に交換してみましょう♪

 


まずは電源ケーブルを抜きます。
2
2
2

モニターを倒してパネルを外します。
吸盤がある場合は吸盤を使った方が”断然”楽に外すことができるのでおすすめです!
↓吸盤がなかったので爪をかけて外しましたが少々苦戦しました。。。(笑)
2
2
2
2

パネルを外しました。
2

次に液晶と本体を切り離します。

こんな形のドライバーが必要です。
2
離すために、12箇所に固定してあるネジを外します。
2
2
2

液晶を外します。
モニター下部につまみがあるので引いてください。
⚠内部でケーブルが繋がっているのでモニターを外すときは注意してください。
2
2

⚠内部でケーブルが繋がっているので、まだ完全には外さないでください。
2

内部でマザーボードに繋がっているケーブルを抜きます。
2
2

マザーボードに繋がっている隣のケーブルも抜きます。
2
2

向かい側のケーブルも抜きます。
2
2
2

次に、マザーボードにネジ止めされている残り1本を外します。
2
2
2
2

これで繋がっているケーブルが全て外せました。
では、液晶を外しましょう。
2

交換するケーブルはマザーボードに接続されているので、外すためにマザーボードを取り外します。
2
2
2

交換するケーブルの先をマザーボードから抜きます。
2
2
2
2

交換するケーブルの反対先を抜きます。
2
2

枝分かれした両端を抜きました。
2

ケーブルが通っているところの蓋を外します。
2
2

交換するケーブルを抜きます。
2
2

抜いたら、新しいケーブルを通します。
2
2

ここからは、ケーブル類を外した順に取り付けていきます。
(長くなってしまったので省略させていただきます・・・(笑))


最後にパネル取り付け時の注意!
モニター下部から先に合わせて、上部の凹凸に合わせてはめ込みます。
2
2

最後の最後・・・
指を挟まないように注意してください。
2
2

以上!画像たっぷりで長くなってしまいましたが、
これで最後に動作確認をして終了です!!!

お疲れ様でした∠(`・ω・´)

Comments are closed.

  • エスエスアイ・ラボはISMSを取得しています。
  • エスエスアイ・ラボはVMwareの認定パートナー企業です。

Copyright © 2011 SSI Laboratory Inc. All Rights Reserved.