初めまして。SSIのFounderでCTOをやっている小菅と申します。
スタッフから「なんか書け!」と言われたので不定期で記事を投稿する予定です。
よろしくお願いします。

僕は自称チョーーーーーーーーーヲタクで、専門は
家電、Mac、マイル、水、ピュアオーディオ、無線、ワイン、石(笑)
その他あるんですが、
とりあえず書いた物は全部仕事に出来るぐらいのスキルと知識があると思います。

今日は初回なので、ドライヤーの話でも(なんで?笑)しよっかな。
っと思います。(これはヤマダ電機さんで販売応援が出来るスキルです www)

自称超ヲタクの僕が家電を調査する時は、某ビックカメラに調査に行ったり、
某価格.comのレビューや、某Amazonのレビューなどを鑑みて、
10種類程度購入します。ですので最終的に欲しい商品の10倍程度コストと時間をかけて
自分の生活にマッチする事やシックリくる事等で最終的に判断します。
(シックリ来るってのはiphone4や5を持った瞬間のあのシックリ来た感じ、、、
としか説明できないんですけどね。。。 汗)

僕が思うドライヤーの善し悪しは下記の順です

  1. 髪が傷まない
  2. 速く乾く
  3. 風量の調節が絶妙

ズバリ、今はダイソンのドライヤーを使っています。
その前はPanasonicでした。
プロ用美容室でしか買えないドライヤーも何個も試しました。
今日は何故ダイソンにしたのかをお話させて下さい。
(はぁ、やっと本文だぜ)

先ずご存じPanasonicのドライヤーは、
「ナノイー」&ダブルミネラルと言う怪しげな技術を使い
髪の痛むのを極限にまで押さえると言う方向で作っている機械です。
僕もこれが一番良いと思っていました。
イオン発生器付きのドライヤーを徹底的に調査した中では圧倒的な風量と
謎のナノイー技術により、とてもサラサラに仕上がります。

「ヲイ小菅!美容室で買ったプロ用のドライヤーが一番良いに決まってるだろ!何言ってんだボケ!」

っと思われる方もいるでしょう。
まあ、何十個もドライヤーを買った事も無い、ドライヤー素人さんはそうおっしゃるでしょうよ 笑

でもね
「プロ用ドライヤーは自分の手で、自分の髪を乾かすように作られていません!」

だから吹出口も長いし、それによりナローに風流され、温度も近くだと高すぎて、
菜々緒ちゃんとか鈴木えみちゃんとか、、、そもそも超絶手が長いとか、
自宅にはばぁやが居て乾かしてくれる人じゃない限り、髪が超痛みます!!!

んで、、、、話は戻り、、、
何故Panasonicからダイソンのドライヤーに変えたのか?

あのね。

気づいちゃったんです。
髪って風呂から出て、濡れてる生乾きの時に一番痛むんです。
Panasonicよりもダイソンのほうが圧倒的に乾くのが速いんですよね。
だから痛まないんです。
他にもあります。
ダイソンは音が静か。
静かと言うかカッコイイ音。
まるでテスラModel S のフル加速時みたいな音
この音好きだな。ドライヤーストレスにならない。
ご家族と暮らされてるならドライヤーの音は気になりますよね。
ダイソンのほうが圧倒的に気にならない音です!
あと、、、超絶カッコいいですね。

それとこれは決定打ですけど、シックリ来ます。
エンジニアって道具はシックリ来ないとダメなんですよね。
スナップオンの工具とか、macbookとか、シックリ来るな 笑

ダイソンってシックリ来る企業だよね!
以上、髪の長さが2センチな僕のドライヤーレビューでした www

では、また。_(._.)_

この記事が気に入ったら
いいね ! してください

Twitter で

Comments are closed.

  • Facebookのロゴ
  • Twitterのロゴ

Copyright © 2011 SSI Laboratory Inc. All Rights Reserved.