こんばんはTakeyemaです。
WEBサイトへの大量のアクセスが想定されるとき、インフラ(サーバー・ネットワークetc)のスペックでこれを捌こうとすると莫大な費用がかかります。 そこで登城するのがCDN(コンテンツ・デリバリー・ネットワーク)です。

CDNとは、簡単に言うとキャッシュサーバーを世界中に複数置いて、アクセスを分散する仕組みです。
数あるCDNのうちでも、Cloudflareは、無料から始められて、それでいて高性能なCDNとして有名です。

導入は意外と簡単です。

Cloudflareにアカウントを作成し、目的のサイトのドメインを登録します。

Cloudflareの場合、CloudflareのDNSをネームサーバーとして使用することで、CDNの機能が使えるようになります。
ドメインを登録すると、自動でDNSのレコードを拾ってきてくれますがここで一つ注意です。
すべてのレコードを拾ってきてくれるわけではありません。
条件はよくわかりませんが、漏れてしまうレコードがあるので、移行前のネームサーバーの情報と付き合わせて
不足しているレコードについては手動で追加しましょう。

DNSのレコードについてですが、ただWEBサイトをCDN配下に置くだけが目的なら、
そのサイトのドメインのAレコードだけをCloudflare経由にし、

他のレコードはCloudflareを回避するようにします。

Cloudflareに登録が完了したら、DNSのURLが出てきますので、
こちらにネームサーバーを変更すれば、設定は完了です。

エスエスアイ・ラボではCloudflareについてのサポートプランもご用意していおります。
ご質問等はこちらへどうそ。

次回はCloudflareのPage Ruleについて書く予定です。 ではまた。

この記事が気に入ったら
いいね ! してください

Twitter で

Comments are closed.

  • Facebookのロゴ
  • Twitterのロゴ

Copyright © 2011 SSI Laboratory Inc. All Rights Reserved.