Pleskとは、WEBサーバーホスティングのためのコントロールパネルであり、
サーバー構築から管理・運用までGUIで行うことのできるすぐれものです。

こんばんはTakeyemaです。
Pleskはさらに、サーバー構築のみならず
ユーザー管理やユーザーのリソース管理、セキュリティ管理、ApacheやNginx、PHPの管理など
サーバー運用に関して思いつくありとあらゆるものがこのコンパネにてできてしまうのです!

Pleskを導入すると、サラのOSにパッケージを入れて…ファイアウォールを設定して…メールを設定して…
などと言った面倒から一気に開放されてしまうのです!
しかし便利すぎて一度使ってしまうともう戻れない…両刃の剣なのです。

さて弊社でもレンタルサーバーの管理画面にPleskを使っていたりしますが、
とあるお客様から、PEARを使ったシステムを試してみたいというお話がありました。

ちょっと自分はPleskでPEARを導入したことがなかったので
検証環境を使ってテストをしていただくことにしました。
(以下の説明は、 Plesk Onyx 17.8.11 Update #54に行った内容です。
環境によっては諸々異なることががあるかもしれません。
また本記事の内容を実行することによって発生したいかなる損害も、株式会社エスエスアイ・ラボ、
並びに筆者は一切補償しません。
必ず自己責任において作業してください。)

まず、PEAR自体のインストールですが…
じつはPleskにはデフォルトでPEARが導入されています。
PHPのバージョンごとに以下のようにPEARが設置されています。
/opt/plesk/php/5.3/bin/pear
/opt/plesk/php/5.5/bin/pear
/opt/plesk/php/7.1/bin/pear

では、どのようにしてユーザーがPEARライブラリを利用するかと言うと
コントロールパネルにログインした状態で、「ドメイン」-> PEARを利用するドメインを選択します。


PHP設定をクリックします。


設定項目の内「共通設定」-> include_path
ここにあるパスをコピーします。

open_basedir に以下の内容をペーストします。

{WEBSPACEROOT}{/}{:}{TMP}{/}:[コピーしたパス]


「OK」をクリックします。

これで、該当するドメインでPEARが利用できるようになりました。

ここまで作業してお客さんにテストをお願いしたのですが、
入っていないモジュールがあるということで、モジュールのインストールを頼まれました。
モジュールの安全性と既存のシステムへの影響を確認するのに時間がかかりましたが
モジュールのインストール自体は簡単です。

ただし残念なことに、GUIでのインストールは提供されていないようです。
モジュールのインストールには、管理者権限を持ったユーザーにて、CLIにて行う必要があります。
今回はSSHでログインして作業しました。

PEARを利用するサイトで使っているPHPのバージョンを確認します。
これは先程のPleskの画面の「PHP設定」で確認できます。

それぞれのPHPバージョンごとにPEARが設置されていますので、
PHPバージョンに合わせたコマンドを投入します。
今回の例ですとPHP5.3ですので、
コマンドは

/opt/plesk/php/5.3/bin/pear

です。

まずは現在インストールされているモジュールを確認してみます。

/opt/plesk/php/5.3/bin/pear list
Installed packages, channel pear.php.net:
=========================================
Package          Version State
Archive_Tar      1.3.11  stable
Console_Getopt   1.3.1   stable
PEAR             1.9.4   stable
Structures_Graph 1.0.4   stable
XML_Util         1.2.1   stable

5つのモジュールが入っています。

それでは、新たなモジュールをインストールしてみましょう。
インストールのコマンドは以下のようになります。

/opt/plesk/php/5.3/bin/pear install [モジュールの名前]

インストール状況が表示され、インストールが完了します。
再度インストールされているモジュールを確認すると、追加されているのがわかりました。

このようにPleskではPEARライブラリの拡張も可能です。
plesk環境で開発されている方は、PEARモジュールのインストールを管理者の方に尋ねてみてはいかがでしょうか。

では。

この記事が気に入ったら
いいね ! してください

Twitter で

Comments are closed.

  • Facebookのロゴ
  • Twitterのロゴ

Copyright © 2011 SSI Laboratory Inc. All Rights Reserved.