皆さんこんにちは。経理部Nakahataです。
今回は、コンサルなし、実質一人でPマーク認証取得準備をすることになった際の強い味方を
出し惜しみなくご紹介いたします。

それは、「サンプル文書集(書式フォーマットのセット)」です。
セット内容はざっとこんな感じです。

  • 各種雛形(記入例付き)
  • 法令等の改正についての解説書
  • 社員教育用テキスト
  • 取得支援のガイドブック
  • 新規申請書類(※新規申請書類はPマーク公式HPより無料でダウンロードできます。)

実際に購入したフォーマットをちらりとお見せします。

本当にチラ見せでした。申し訳ありません。
盛りだくさんですからきっとお高いんでしょう、と思われましたか。お値段なんと約3万円でした。
様々なものが販売されているようですので、最適なものが見つかりますように。


サンプル文書集を購入したことによって、まず何から取り掛かるか、定めることができました。
それは、すでに運用していたISMS(ISO:27001)と重複することの洗い出しです!
(※このことを「PマークとISMSとの統合」と呼ぶと、一端のPマーク通っぽさを演出できます)


さて、次回はエスエスアイ・ラボでのISMSとの統合についてご紹介いたします。
Pマークよりも先にISMS(ISO:27001)を取得し、情報セキュリティを強化していたエスエスアイ・ラボ。
果たして、Pマークでも同じルールで運用できること・ものは、どのくらいあったのでしょうか……?
(重複することが多ければ多いほど、作業が減るので……祈るような気持ちで取り掛かりました……)


※ISMS(ISO:27001)とは?
会社のあらゆる情報が管理対象なので、個人情報はたくさんの情報の一部分。ということは、あんまり……?
Pマークは個人情報だけが対象ですよ!

バックナンバー

そのクラウド、Pマーク認証・ISO27001(ISMS)認証取得済みのエスエスアイ・ラボにお任せください!
お気軽にご相談くださいませ!お問い合わせはこちらから

この記事が気に入ったら
いいね ! してください

Twitter で

Comments are closed.

  • Facebookのロゴ
  • Twitterのロゴ

Copyright © 2011 SSI Laboratory Inc. All Rights Reserved.